• faceBook
  • instagram
  • tel
  • eamil
close

私たちの家づくり

会社案内

METHOD

より強く、より快適な家のために、
2×4工法を採用しています。

「ゆめすみか」は、床・壁・屋根が一体化した強固な6面体構造で支える2×4工法を採用。

耐震性・耐火性・耐久性などの基本性能に優れ、
地震や台風などの自然災害や火事に強い住まいとして多くの人々に愛されています。

2×4工法の優れた基本性能

2×4工法の優れた基本性能

2x4工法は、住宅として必要な性能のあらゆる面に対して優れた性能を発揮します。特に注目される「耐震性」。

そしてパネルの構造にあらかじめ組み込まれているファイヤーストップ構造やモノコック構造による「耐火性」「断熱性」「気密性」の高さが大きな特徴です。

耐久性においては、国土交通省告示と住宅金融支援機構仕様によって防腐・防蟻処理が提示され、湿気とシロアリの害を受けにくくなっており、明治中期の建造物も現存しています。さらに金具などをはじめ、ばらつきのない家づくりを徹底するために様々な規格が定められています。
「ゆめすみか」は、この2x4工法を採用しています。

2×4工法の3つの特徴

  • 特徴1

    耐震等級3

    地震や風といった外部要因に対して、2×4工法は在来工法よりも耐性があると言われており、「ゆめすみか」は最高等級の3を実現しました。

  • 特徴2

    耐火性

    日の通り道となる床や壁において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、日の燃え上がりを防止します。

  • 特徴3

    工期

    合理的に標準化された工法なので、工期が比較的短く、出来上がりにバラつきが出にくいのもポイントです。

6面体で支える構造体だから2x4工法は地震に強い

6面体で支える構造体だから地震に強い

2x4工法の家は、床面、壁面、天井(屋根)面で支える6面体構造です。

各面は枠組材と構造用面材が一体化したパネルで形成されており、それぞれの面を結合して6面体構造とすることで、地震や台風などの外力を各面に効率よく分散させることができます。

よって2x4工法の家は荷重が一点に集中することがなく、どのような方向からの外力に対しても建物全体でバランスよく受け止めることができ、優れた耐震性を発揮することができるのです。

震災で被害がほとんどなく強さが実証された工法

津波による横力に耐え、ほぼ原形を保って残った2×4工法の住宅
(宮城県石巻市)

震災で被害がほとんどなく強さが実証された工法

東日本大震災では、特に津波による被害が甚大でした。

2×4工法の調査対象棟数は20,772棟で、そのうち津波による被害を除けば、「被害なし」及び「多少の被害」の住宅が約98%でした。

ゆめすみか採用情報
pageTop