High Quality & Economy Lifeゆめすみか

ハルクラスHALCLASSCOMFORT HOUSE一年中、春と暮らす家必要なものを備えた、快適に暮らせる高性能な住まい。必要なものを備えた、快適に暮らせる高性能な住まい。

+ビルトイン型エアコン第一種換気+制震耐震ダブルの安心2×6躯体オールシーズン”はるここち”全館空調

  • 耐 震+制 震24時間換気装置全熱交換効率80%住宅環境
  • 2030年 ZEH断熱基準クリア【UA値 0.45以下】全館空調システム(ダイキン)
  • 建物本体価格

  • 消費税

  • 耐震等級3

  • 断熱複合樹脂
    ペアガラスサッシ

  • 全館空調

  • UA値 0.45

  • 60年長期保証

  • 付帯工事費用

  • セミオーダー
    プラン

  • ユニット配筋
    ベタ基礎

  • 基礎断熱

  • 吹付断熱浸透防水
    遮熱シート

  • C値 0.5㎠/㎡

  • 第三者機関による7回検査

  • 現場仮設費用

  • 2×4工法
    2×6躯体

  • 高耐久・高耐候
    シーリング

  • 24時間
    換気システム

  • 制震システム

  • 長期優良住宅
    対応

  • 第三者機関による
    メンテナンス

[含まれないもの]
建物本体価格には、建築確認申請・構造計算・地盤調査・施工図・各検査費用・建物登記費用は含まれません。その他、火災保険・カーテン・居宅照明器具・外部給排水工事(7m以上)・既設建物解体費・給排水引込費用・各負担金は含まれません。詳しくは係員までお気軽にお問い合わせください。
すべて標準装備で1,680万円(税込)32坪施工床面積
イメージキャラクター信濃岳夫イメージキャラクター宇都宮まき

PLAN間口 4.0間 × 奥行 4.0間(7.28m×7.28m)坪プラン32

52.99㎡(16坪)52.99㎡(16坪)1F床面積/2F床面積/建築施工床面積/105.98㎡(32坪)
HALCLASS COMFORT HOUSE
HALCLASS COMFORT HOUSE

トイレ

少し広めのトイレは、カウンターを備え、書斎感覚でくつろげる空間です。

吹き抜け

吹き抜け上部の窓から光が降り注ぐ中での食事は気分爽快です。さらにストリップ階段で遊び心と開放感は文句なしです。

シューズクローク

シューズクロークがあることで、玄関・ホールがスッキリ広くなり、より大きな家に感じます。

キッチン

ホール → キッチン → 洗面所の動線が忙しい奥様にピッタリ!キッチンからダイニングとリビングが見渡せるので小さなお子様も安心です。

リビング

大きな窓が2つあるリビングダイニング。光と風を感じながら食事やリラックスできるくつろぎ空間です。

HALCLASS COMFORT HOUSE

主寝室

主寝室は8.5帖でゆったり。クローゼットも広く、ドレッサーも置けます。シックな空間で自分の時間を過ごせます。

子供室

お子様が小さなあいだはクローゼットで仕切らずに大きな1部屋にも。家族のライフステージに合わせて、空間をデザインできます。

※基本プランは他にも多数ご用意しております。詳しくはお問い合わせください。

※基本プランは他にも多数ご用意しております。詳しくはお問い合わせください。

2×6製材2×4製材
より強く、より快適な家のためにツーバイフォー工法〉〈2×4ツーバイシックス躯体2×6を採用「ハルクラス」は、床・壁・屋根が一体化した強固な6面体構造で支える2×4工法を採用。耐震性・耐火性・耐久性などの基本性能に優れ、地震や台風などの自然災害や火事に強い住まいとして多くの人々に愛されています。
  • 2×4工法の優れた基本性能

    2×4工法は、住宅として必要な性能のあらゆる面に対して優れた性能を発揮します。特に注目される「耐震性」。そしてパネルの構造にあらかじめ組み込まれているファイヤーストップ構造やモノコック構造による「耐火性」「断熱性」「気密性」の高さが大きな特徴です。耐久性においては、国土交通省告示と住宅金融支援機構仕様によって防腐・防蟻処理が提示され、湿気とシロアリの害を受けにくくなっており、明治中期の建造物も現存しています。さらに金具などをはじめ、ばらつきのない家づくりを徹底するために様々な規格が定められています。「ハルクラス」は、この2×4工法を採用しています。

    2×4工法の優れた基本性能
  • 6面体と2×6躯体で支える構造体だから地震に強い

    2×4工法の家は、床面・壁面・天井(屋根)面で支える6面体構造です。各面は枠組材と構造用面材が一体化したパネルで形成されており、それぞれの面を結合して6面体構造とすることで、地震や台風などの外力を各面に効率よく分散させることができます。よって2×4工法の家は荷重が一点に集中することなく、どのような方向からの外力に対しても建物全体でバランスよく受け止めることができ、優れた耐震性を発揮することができるのです。さらに「ハルクラス」は躯体に2×6製材を採用し、より強固な躯体で地震に強い住宅になっています。

    「ハルクラス」は防災拠点となる消防署や警察署などと同じ耐震の最高等級耐震等級3を実現

震災で被害がほとんどなく強さが実証された工法

東日本大震災では、特に津波の被害が甚大でした。2×4工法の調査対象棟数は20,772棟で、そのうち津波による被害を除けば、「被害なし」及び「多少の被害」の住宅が約98%でした。

震災で被害がほとんどなく強さが実証された工法

一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会による震度6以上のエリアにおける会員会社のアンケート調査結果

が約98%多少の被害被害なし東日本大震災でも及び2×4工法は
耐震性能

耐震 + 制震 ダブルの安全を標準使用 世界有数の地震大国である日本。「ハルクラス」では、優れた耐震性の2×4工法を基本に、地震の揺れを制御する制震システムを標準装備しました。「耐震」と「制震」、ダブルの組み合わせが万一の地震に抜群の強さを発揮します。

耐震 柱・梁・壁などの強度で「耐える」地震対策 制震 揺れを吸収する装置で「制御する」地震対策
ダンパー部がスライドして摩擦抵抗します。

<国土交通大臣認定耐力壁>

国土交通大臣認定耐力壁 ダンパー K-shape Earthquake Damper

株式会社アイエムエーのKダンパーは、家の持つ耐震性を損なうことなく新たな性能を加え、本震だけでなく繰り返し来る余震にも強い、より安心・安全な家づくりをお手伝いします。

  • 摩擦ダンパー

    優れた制震性能を発揮する「フェノール樹脂」を採用しています。

  • 高い制震性

    K型筋交いにより、制震性だけでなく、高い耐震性も兼ね備えています。

  • 国土交通大臣認定

    温度・速度依存性の確認試験や認定試験による厳しい試験や審査をクリアした国が認めた製品です。

耐火性能
耐火の強さの秘訣はファイヤーストップ構造 2×4工法は火の通り道となる床や壁において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階への火の燃え広がりを防止します。

火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくいとめます。また一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区画がいくつもつくられているのと同じ状態です。火災時に防火被覆(石こうボード)が万一突破されても、このように2重3重の防火機能をもつ「ファイヤーストップ構造」によって、初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

石こうボード ファイヤー ストップ材

石こうボードでさらに耐火性UP

全ての天井や壁の内側に、石こうボードが貼られます。石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

▲水蒸気を 発生する 石こうボード。▲火災現場 石こうボード裏側 には火がまわって いません。
その高い耐火性は火災保険料に反映されます一般の木造住宅に比べて約半額
高性能ウレタンフォームによる高い断熱性で年中快適
高性能断熱材とLow-E複層ガラス採用で耐熱性が格段に向上し、室内の温熱環境を快適に保ち、四季を通じて快適に過ごすことができます。さらに気密性や防音性も高まり、その結果、高い省エネルギー性が実現します。
断熱性能

高性能断熱材

旧省エネ基準 ハルクラス C1 ハルクラス C2
従来のフォーム(電顕写真)高性能硬質ウレタンフォーム(電顕写真)

断熱材には、従来の硬質ウレタンフォームの常識を破る経年性能に優れた高性能硬質ウレタンフォームを採用しています。

  • ※建築地域により断熱材及び仕様が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

アルミ樹脂複合窓(樹脂サッシ+Low-E複層ガラス)

断熱材が付けられない窓だからこそ熱を伝えにくく、結露を抑える“アルミ樹脂複合窓”

※建築地域により窓仕様が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

窓は熱の出入りがいちばん多い場所です。

  • 冬に流出する熱の場合外気温0.5℃
  • 夏に流入する熱の場合外気温33.4℃
夏涼しく、冬暖かい。

夏涼しく、冬暖かい。

一年中快適で、きっちり省エネも。

夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は暖めた暖房の熱を外に逃がしません。その結果、冷暖房費を低く抑えることができ経済的です。

ハルクラス C2 一般的な断熱工法
気密性能

理想の室内環境を つくる 高断熱と高気密 隙間を少なくして気密性を高め、室外の熱を遮断することで夏涼しく、冬暖かい理想の室内環境を作る。エネルギーロスの少ない省エネ住宅には、欠かせないポイントです。

ZEH基準クリアの高い断熱性能

平成25年の省エネ基準の改正により地域区分の変更や断熱基準の見直しが行われ、従来使用されていたQ値(熱損失係数)に代わる新たな断熱性能の指標として、建物の大きさや形の影響を受けにくいUA値(外皮平均熱貫流率)が導入されました。「ハルクラス」は、ZEH基準値を大きく上回る高い断熱性能を実現しました。

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、住まいの年間一次エネルギー消費量が高断熱・省エネ・創エネを組み合わせて概ね“ゼロ”になる住まい。

屋根からの熱損失 窓からの熱損失 床からの熱損失 外壁からの熱損失 天井からの熱損失
UA値(外皮平均熱貫流率)とは 家全体からの熱の逃げやすさを表す指標で数値が小さいほど高断熱である。
「ハルクラス」は UA値0.45W/㎡k 2030年ZEH断熱基準 UA 0.6以下を大幅にクリア

隙間面積ハガキ0.5枚分の気密性能

家自体の隙間は暮らしやすさに影響します。隙間が小さいからこそ断熱性が高まるのです。断熱性能を高めるためには、どんなにZEH基準のUA値をクリアしていても、気密性能が高い住宅であることが必要であり、その判断基準となるのがC値です。

北海道エリア 次世代省エネルギー基準 C値:2.0㎠/㎡約2枚分(1/5) ハルクラス  C値0.5㎠/㎡ 約0.5枚分(1/20)※掲載のUA値、C値は当社指定仕様・プランにおける数値となります。他仕様・他プランでは同数値と異なる場合がございます。
室内の空気が隙間から外に逃げる 隙間から外気が室内に侵入する
C値(隙間相当面積)とは 床面積1㎡あたりの隙間面積※のことで数値が小さいほど高気密である。 C値1.0㎠=ハガキ1枚分
「ハルクラス」は C値0.5㎠/㎡ 次世代省エネルギー基準は5.0㎠/㎡
全館空調システム心地良い暮らしかつ経済的高断熱・高気密の住まい「ハルクラス」が創るワンランクアップの快適と省エネ性能。普通に生活するだけで地球環境に貢献し、すぐれた次世代のエコライフを提供します。
快適・省エネ性能

高性能全熱交換換気システムとビルトイン型エアコンの組み合わせで全館空調システムを実現。

冬温度ムラを抑えヒートショックを緩和夏涼しく快適な温度を保ちます全館空調システム年中〜 快適〜♪
  • 換気機器全熱交換型 24時間第1種換気装置SE200RS
  • 空調機器DAIKIN ビルトイン型エアコン
  • 24時間換気でシックハウスを予防!!
  • ヒートショックを緩和!!