HOME
MENU
MENU
BLOG

2020.03.26[家づくりについて]

ゆめすみかの強み⑤ スキップフロア&大型床下収納ゆめくうかん

こんにちは、ゆめすみかです!

前回
https://yumesumika.jp/wp2/blog/ゆめすみかの強み④ あらゆる面から性能を高めた省エネ住宅)まで4回にわたって、当社の住まいならではの優れた住性能をご紹介してきましたが、お読みになっていただけましたでしょうか?

今回は気になる住空間の強みをお届けします。

現在、ゆめすみかでは中百舌鳥住宅公園展示場、千里住宅公園展示場、福田展示場において、それぞれ個性の異なるモデルハウスを公開中です。

ハイセンスなエクステリアや空間デザイン、こだわりの家事動線、人気の仕様、玄関土間や吹き抜けリビング、ワイドバルコニー、アウトドアリビング、ウッドデッキ、ランドリースペースといった憧れのスペース…。

見どころは数あれど、お越しいただいた多くのお客様が気に入り、採用したいとおっしゃるのが千里住宅公園展示場に設置している「スキップフロア+大型床下収納ゆめくうかん」です。

【ゆめくうかんでスキップフロアが大型収納に!】

 

ゆめくうかんとは、季節用品やアウトドアグッズなどをたっぷり仕舞える大型床下収納のこと。フロアの床面積に応じて収納部を広げることができます。

千里住宅公園展示場ではこれをスキップフロアと融合することで、高さ140㎝、広さ6帖大の収納スペースを確保。
段差による多層構造で空間の活用幅を広げつつ、デッドスペースを収納にして、2つの意味で空間を有効活用しました。半階ずらすことで視界の広がりも生まれます。

敷地面積を確保しにくい都市の狭小住宅などには、とりわけオススメです。

興味を持たれた方は、ぜひモデルハウスで直に体感してみてくださいね。