• faceBook
  • instagram
  • tel
  • eamil
close

私たちの家づくり

会社案内

BLOG

ゆめすみかのブログ

20.10.22

家づくりについて

メンテナンスを考えた家づくり。光触媒の外壁材「光セラ」をご存知ですか?

こんにちは、ゆめすみかです。

長期優良住宅の考え方が浸透し、「質の良い家を建てて、適切な手入れをしながら、長く暮らす」家づくりが一般的になってきた今日このごろ。
ただ「適切な手入れ」に関しては、家を建てる際に、入居後のお手入れやメンテナンスのことまでは頭が回らないという方が、案外多いのではないでしょうか。

ところがメンテナンスに配慮した素材や部材、設備機器を選ぶかどうかで、住み始めてからの劣化スピードやメンテナンス間隔、メンテナンス費用が大きく異なってきます。

【劣化しにくい部材でキレイが長持ち】

例えば当社でも取り扱いのあるケイミュー社の外壁材「光セラ」は、光触媒の壁で、汚れをセルフクリーニング。
太陽の光に当たることで汚れを分解して付着力を弱め、雨の日には超親水の性質を利用して汚れを洗い流します。大気中に含まれる排気ガスなどの有機物質も無害化して、壁に付きにくくするんですよ。
さらに無機塗装のセラミックコートで紫外線をガードして、色あせや日焼けを防ぎます。
長期間キレイを維持できるので、クリーニングやメンテナンスをひんぱんにする必要がありません。

家づくりを依頼する会社を選ぶ際は、メンテナンスのことも考えた部材や設備を使用しているかどうかにも、注目してくださいね。

【末永く暮らせる家の決め手はアフターサービス】

さらにアフターサービスやサポートシステムについてもチェックを!
法律では新築住宅の構造躯体に10年間の瑕疵担保責任を設けています。多くの住宅会社で10年間の初期保証が設けられているのはそのため。
10年後以降のサポートシステムはどうなっているか、しっかりとしたメンテナンス計画が立てられているか、比較検討もしながら見極めましょう。

ゆめすみかは定期的に点検、メンテナンスを行うことで最長60年の保証が続きます(https://yumesumika.jp/after)。快適な暮らしを末永くサポートいたしますので、安心してお任せください。

///展示場情報///
福田展示場
ABC中百舌鳥住宅公園
ABC千里住宅公園

ゆめすみか採用情報
pageTop