• faceBook
  • instagram
  • tel
  • eamil
close

私たちの家づくり

会社案内

BLOG

ゆめすみかのブログ

20.6.25

家づくりについて

外壁からの雨漏り大丈夫?高性能シーリングでメンテ費抑えて住まい長持ち!

皆さま、こんにちは。
はっきりしないお天気が続きますが、いかがお過ごしですか?

ジメジメとした梅雨、それに続く台風到来は、人だけでなく住まいにとってもイヤ~な時期。建物の耐久年数を縮める湿気や結露、カビなどが増殖しやすくなります。
また壁からの浸水も心配。壁面から侵入した雨水による壁内結露で、知らないうちに木材がどんどん腐食しているということ、よくあるんです!

外壁材そのものの性能はもちろん重要ですが、あなどれないのが外壁と外壁をつなぐ目地のシーリング材(コーキング材)。外壁目地が劣化して亀裂が走ったり、白化してもろくなったりすると、浸水の原因になります。

そこで、ゆめすみかは高耐候性のシーリング材を採用。
水だけでなく、熱や光にも強く、品質が長持ちします(期待耐候年数30年)。
耐久性能を長期間維持できるため、メンテナンスサイクルが長くなり、結果としてランニングコストを抑えられることに。

また、水をブロックしつつ湿気は通す透湿防水遮熱シートを壁内へ施工。
万が一の浸水に備え、結露リスクを低減しています。

住宅資金計画は立てるときにかかる費用も大切ですが、お引き渡し後のメンテナンス費用や住まいの寿命のことも念頭に入れ、どのような部材が使われているのか、しっかり注目してくださいね。

また、当社では一般的な住宅に付帯している構造躯体・雨水の侵入防止・防蟻の初期保証(10年間)が終了した後にも延長保証をご用意。
定期的に点検・メンテナンスを実施して有償アフター工事を行っていただくことで、最長60年間にわたって保証が続きます。
より一層、安心ですよ♪
※保証の詳細、条件についてはこちら(https://yumesumika.jp/after)をご覧ください

ゆめすみかの住宅展示場では、展示コーナーにて標準仕様をご覧いただけます。普段は見ることができない壁の中の様子も展示しておりますので、ぜひお越しくださいね。

ゆめすみか採用情報
pageTop