HOME
MENU
MENU
BLOG

2020.07.16[家づくりについて]

太陽光発電システムをお得に導入して、光熱費もダウン!

こんにちは、ゆめすみかです!
冷房を使用する機会が増えるこれからの季節、毎月の電気代が気になりますよね。

冷暖房効率のいい高断熱住宅に、全館空調が標準装備されている「ゆめすみかの家」は、通常よりグッと光熱費を抑えられます。
さらに省エネ&お得に暮らしたいなら、太陽光発電システムの導入がオススメですよ。


【設置価格を抑えて、光熱費も節約!】

ゆめすみかの家では、長州産業の太陽光発電システムを通常より低コストで設置していただけます。
大規模分譲地を数多く手掛け、住まいに関わる様々な事業を展開している吉村一建設グループでは、商品を一定の数仕入れ、メーカーと安定した取引を続けることが可能。
その分、お客様に安価でご提供することができるのです。
高断熱、全館空調などで基本性能を高めた住まいに、低コストで太陽光発電を導入して、地球にもお財布にもやさしい省エネライフを送れますよ!

【売電だけじゃない、太陽光発電のメリット】

ご存知のように、家庭用太陽光発電の余剰電力は、固定価格買取制度によってシステム設置から10年間、固定価格で買い取ってもらえます。
売電価格は年々下がっていますが、昔に比べれば太陽光パネルは安くなり、反対に性能はアップ。売電により初期費用は十分回収できます。
また10年の固定買取期間が終了しても、蓄電池などを利用して余剰電力をお得に利用することが可能です。
家庭用蓄電池も近年では低コスト化、省スペース化が進み、従来より設置しやすくなっています。

 

【屋根の保護、遮熱の効果も?!】

太陽光パネルを設置する意外なメリットが、屋根の長寿命化。屋根が保護され、長持ちすると言われています。
またパネルがあることで、太陽光が直接屋根に当たらず、外からの熱を弾いてくれるという効果も。夏場も涼しく過ごせます。
反対に冬場は、室内の熱が放射冷却で屋根から逃げることを防いでくれるので、暖かく過ごせます。

 

【太陽光発電システムを導入するなら、家を建てるときに】

太陽光発電システムは後から設置することもできますが、どうせ付けるなら家を建てるときに導入するほうが効率的。
搭載可能な太陽光パネルの数は、屋根形状などによって異なってきます。建築時に導入すれば、設置したいパネル数に合わせて屋根のカタチを決めたり、パネルが極力目立たないようなデザインを検討したりすることもできます。

■太陽光発電システムについてのお問い合わせは、こちらから!■

https://yumesumika.jp/wp2/contact